歴史と文化 >> 施設紹介 >>

<星の降る里百年記念館>
芦別市観光物産センターの左側にある平屋の建物。宇宙へのメッセージを表したという3本のタワーが目印。大人には懐かしく、子どもには新鮮な、ひと昔前の生活用品や、炭鉱で使われたもの、芦別の自然・歴史・文学などをわかりやすく展示・解説してくれる博物館。
開館時間9:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日年末年始(12月31日〜1月5日)
5月〜10月の月曜日
11月〜4月の月曜日・火曜日
観覧料 一 般 /200円(150円)
高 校 生/100円(50円)
中学生以下/無料
※()内は20名以上の団体料金。
問合先芦別市北4条東1丁目1番地3/0124−24−2121
<滝里ダム資料館>
滝里湖畔にある4階建ての建築物。1階部分は滝里湖オートキャンプ場のセンターハウスも兼ねている。ここでは、滝里ダムや滝里湖の造成過程などをわかりやすく解説している。
開館時間9:00〜16:30
休館日5月1日〜11月中旬(期間中無休)
観覧料無料
問合先0124−27−3939
<黄金水松(北海道指定文化財天然記念物)>
推定樹齢1700年のイチイ(オンコ)の巨木で、高さ21m、幹周6.2mで、全国8位、道内2位の太さを誇る。

問合先市役所土木係/0124−22−2111
<星槎大学(旧頼城小学校)校舎【国登録有形文化財】>
昭和29年竣工の元小学校校舎。煉瓦造一部鉄筋コンクリート造二階建、鉄板葺、建築面積2,232m2
前年に全焼した木造校舎に代わり、三井鉱山芦別鉱業所が建築費全額を負担して再建。
使用したレンガは70万個。一線校舎の長さは直線で106メートルもある、炭鉱全盛期のマンモス校。
<星槎大学(旧頼城小学校)体育館【国登録有形文化財】>
昭和29年竣工の元小学校校舎。木造平屋建、鉄板葺、建築面積757m2。木骨ヒンジ・トラスの構造美が目を引く。

<美術自然史館>
タキカワカイギュウをはじめとした、化石標本や骨格標本を展示した、自然史部門は迫力満点。美術部門では、日本画家の岩崎英遠など、滝川ゆかりの作家の作品を常設展示。
開館時間10:00〜17:00
休館日月曜と祝日の翌日、年末年始(12/31〜1/5)
観覧料小学生/120円
中学生/240円、
高校生/360円、一般/600円
問合先新町2ー5ー30/0125−23−0502
<こども科学館>
遊ぶ・学習するきっかけを自発的に持つように工夫された科学館です。特に、大陸ができあがる過程を再現する「プレートテクトニクス」にご注目。
開館時間10:00〜17:00
観覧料小・中学生/100円、高校生/200円、一般/300円
問合先滝川市新町2丁目6−1/0125−22−6690
<郷土館>
明治初期の開拓期から現代ませ、滝川の歴史をわかりやすく紹介。駄菓子屋も再現され、懐かしさもいっぱいです。
開館時間12:00〜16:00
休館日月曜日と祝日の翌日、11/1〜4/30
観覧料小中学生/50円
高校生/100円、一般/150円
問合先新町3−8−20/0125−22−4811

<砂川市公民館/郷土資料室>
公民館は、会議室や実習室、研修室を備え、市民大学講座をはじめ市民によるさまざまな文化・芸術活動が行われている市民の生涯学習をバックアップする拠点。また、併設されている郷土資料室では開拓の歴史や文化・風土に関する貴重な資料を展示しているほか、マルチビジョンやジオラマで開拓当時の暮らしをかい間見ることができます。
<新四国八十八ヶ所>
市内にある弘法寺の住職が、四国にある弘法大師ゆかりの遺跡「四国八十八ヶ所」の砂を集め、八十八体の地蔵の下に納めて実物と同様、八十八ヶ所の巡礼コースをつくりました。緑の木々が風に揺れる絶好のハイキングコースとして、市民に親しまれています。

<歌志内市郷土館>
歌志内市郷土館「ゆめつむぎ」は、まちの開基百年を記念して生まれました。道内屈指の炭坑都市として栄えた第一世紀から、「自然とふれあいの里づくり」をめざす第二世紀へ時代は移り変わっても、このまちにはいつもひたむきな人間ドラマがあります。そのいきいきとした姿を、最新の映像技術を取り入れながらバラエティーにとんだ体験ゾーンの中に再現しました。炭坑全盛期の「なつかしさ」も、未来に広がる「夢」もぎっしりつまった郷土館です。
開館時間9:00〜17:00
休館日月・火曜日・祝日の翌日(4月〜10月)
月〜木曜日・祝日の翌日(11月〜3月)
年末年始
入館料一般/200円、小中学生/100円
(10人以上の団体は割引あり)
問合先歌志内市字1027番地1/0125−43−2131
URLhttp://www4.ocn.ne.jp/~kyodokan/